北関東を電車で旅行したいのですが、お得なきっぷや駅から近い観光地はありますか?

海風を気持ち良さそうに受けている女性

電車で北関東を旅行する場合は、便利なフリー切符を使うと便利です。特に群馬・茨城にはとてもお得なきっぷがあるので、それぞれ紹介します。

群馬旅行なら「ぐんまワンデー世界遺産パス」が便利

群馬県の観光に便利なのが、「ぐんまワンデー世界遺産パス」です。なんと、群馬県内の鉄道とJR両毛線がJRも私鉄も全線1日乗り放題で、2,100円という破格の値段です。

参考までに、「上信電鉄」という私鉄の端から端まで往復するだけで2,200円なので、それよりも安く、いろいろなところに移動できるというわけです。

ただし、期間限定なのでご注意を。名所としては、世界遺産に登録された「富岡製糸場」や、歴史ある学校である「足利学校」などの文化的な観光地、日本一の地下駅が有名な土合駅から谷川岳ロープウェイを経由して谷川岳山頂に行ったり、時期によりますが、大きな藤棚が有名な「あしかがフラワーパーク」や季節ごとの花を楽しめる「東武トレジャーガーデン」など景観を楽しめる観光地があります。

さらに、草津温泉をはじめ、水上温泉や川原湯温泉、水沼駅に併設された温泉など、温泉も豊富です。草津温泉のみ、駅からバスに乗る必要がありますが、ほかの観光地はどこもフリーエリア内の駅から徒歩20分以内で行くことが可能です。

茨城旅行なら「ときわ路パス」

茨城の観光には、「ときわ路パス」が便利です。茨城県内のJRと、関東鉄道、ひたちなか海浜鉄道、鹿島臨海鉄道の全線に1日乗り放題で2,150円とこちらも破格の値段設定です

つくばエクスプレス以外すべて乗ることができます。例年、2月~ゴールデンウィークと9月~11月の土休日に販売されます。青色の小さな花をつける「ネモフィラ」が一面を覆い尽くしている景色が印象的な「ひたちなか海浜公園」や日本三名園の一つである「偕楽園」、日本三名瀑の一つである「袋田の滝」など、日本を代表するような名所を中心に旅行を組み立てると良いでしょう。

他にも、真岡鐡道でのSL乗車など子ども向けの観光地や、笠間神社、鹿島神宮などの文化的な観光地も多々あります。海も山もあるところが茨城のいいところです。